1. ベストグループ九州地区会員ホームページ > 
  2. ベストの指針を実践した体験談 > 
  3. ベストの指針の「プラス思考の人間になる」「心配・不安・恐れに支配されない」を実践して。

ベストの指針の「プラス思考の人間になる」「心配・不安・恐れに支配されない」を実践して。

私は平成7年9月に厚生省指定の難病潰瘍性大腸炎になりました。その頃職場の仕事が時間に追われる経理の仕事に異動になり、数字が苦手な私にはつらいものがありました。そのような慣れない仕事をするうちに下血までするようになりある日腹部のあまりの痛さに耐えられず病院に行ったところ「この状態では即刻入院しなければいけない」と言われました。1か月ほどの入院で退院できるとのことで安易に考えていたのですが、入院しても悪化の一途をたどり、ステロイドを点滴を多量投入しているにも関わらずまったく効果がありませんでした。その頃にベストグループと出会い自分はものすごいマイナスの考え方をしていて恐怖心の固まりだったということに気づきました。私はベストの指針の中の「プラス思考の人間になる」「心配・不安・恐れに支配されない」を心がけ、とにかく悪い心を作らない努力をしました。そうすると医師からはもはや大腸の全体摘出しかないと言われたほどの症状が薄皮を剥がすように良くなり、平成8年3月に7カ月ぶりに退院することができました。再発する可能性が高いと言われていましたが退院して15年たちますがまったく薬を飲まなくでも再発していません。あの時ベストグループと出会ってなかったら今の自分はありません。以前の私のように苦しんでいる人にぜひベストグループやベストの指針を知っていただきたいと思っています。また健康にさせていただいたこの体を使ってこれからもベストの指針を実践させて頂き日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事を心から願ってお手伝いをさせて頂きます。

長崎交流会 男性


一覧に戻る <<